MOONEYES Area-1 Official Website

Hold me tight!

約5分

こんにちわ、Enです。

今月のはじめに入荷してきた商品、Nostalgic Flash LightそのHolder

それぞれ単品売りですが、これらを組み合わせて使うと、

こんな感じに、Old American Carのステアリング・コラムに装着できるのです。

でも最初にこのライトを見た時、違う用途をひらめきました。

「アレに使えるかも?」

コレです。

よく国産旧車などの助手席足元にもついてる非常信号灯用?のホルダーです。

ちなみに例題は、’74年式 VW Type-Ⅰ・右ハンドル・ヤナセ/ディーラー車。

この年代の日本で販売されたクルマには付いていたと思います。

このホルダー、ここ十数年主流の発炎筒(直径37mmまたは27mm)を

取り付けるには、発炎筒の方が細くてホールドできないのです。

そんじゃ、市販の懐中電灯でもつけようかと思っても、しっくりくる形がナイ。

そんなわけでこのホルダーは、何もホールドすることもなく、無用の長物でした。

そこで、このFlash Light。この太さ、もしかしてちょうどいいんじゃないかと!

ドンピシャ!

いい感じになったと思います。US Old Carにつければ、N.O.S Parts的な

Vintageムードあふれますが、右ハンドルの旧車であれば昭和ムードもあるかも?

さて、このホルダー。

今度はこっちが無用の長物になってしまいそうですが・・・

ボクの三十年ちょっと愛用してるHand Toolで絞り加工して・・・

(注;ただ手で握りつぶしただけですね)

発炎筒をくわえ込ませて、コラムに装着!Nostalgicな発炎筒ホルダー完成!?

若干ゆるいのでもう少し工夫の余地があるかな!?そのうちやるか・・・

ちなみにこのFlash Light。2段式スイッチの1段目に入れた状態だと

赤いボタンを押したときだけ点灯します。モールス信号用!らしいです。

さて、このFlash Lightの電源は、単一乾電池が2個。単一乾電池といえば、東日本だけではなく、

全国的に不足しているそうです。今必要としている方々のところに行き届いていればいいのですが。

実は今回のBlogのネタは、3月はじめ(震災前)には出来ていたのですが、こんな事態になるとは思いも

よりませんでした。そんなわけでHobbyとして懐中電灯をご紹介するのをためらっていましたが・・・・、

ちょっとしたアイディアも追加でご紹介します。

単一、単二は品切れでも、単三乾電池はふつうに手に入るので、

単三電池を二つ、セロテープで繋いで固定。

さらに電池の「-」には、引き出し漁って適当なバネを見つけて、テープで固定。

単三の細さを、単一の太さに合わせる為に、適当に何かを巻く。

(巻くのは普通の紙でも何でもいいです)

このLightの場合、

こんな感じでフタの「-」接点部分に凹凸があって、バネの接触が悪そうなので、

キャップを置いた状態で、

1円玉を接点部分にのせて、本体を上から廻してセット完了。

だいぶ適当ですが、コレでOK。

コレをやった後に聞いたのですが、やっぱり同じこと考える方もたくさんいらっしゃって、

ネットでもいろいろな方法が紹介されているそうです。ケースバイケースでいろいろ工夫して

対処していけるといいですね。知恵を絞って頑張っていきましょう。

先日、Area-1の駐車場。

素敵なVWがご来店。今年で20年目の愛車なのだそうです。

「黄色いワーゲン見ると幸せになる」ってその昔、言いましたね。

いいことあるといいですね!

-END-

MOONEYES Area-1, MQQN Cafe Location
〒231-0804 神奈川県横浜市中区本牧宮原2-10

無料の Parking (駐車場) がございますので、
お気軽に Car & Motorcycle でお越しください。

MOONEYES Area-1
TEL 045-623-5959
●OPEN 10:00 ~ CLOSE 19:00 (月~日、祝日)
年中無休

MOON Cafe
TEL 045-623-3960

●OPEN 11:00 ~ CLOSE 20:30 (月~金 ※木除く)
ラストオーダー 20:00
●OPEN 10:30 ~ CLOSE 20:30 (土、日、祝日)

ラストオーダー 20:00
木曜 定休
(※木曜が祝日の場合は営業致します。)

Access Info