MOONEYES Area-1 Official Website

Go Little HONDA

約6分

こんにちは、END です。

ここ数年、ボクはいろいろな誘いにのってしまい

長いこと 冥府魔道 を歩んでおりました。

4年か5年前。

「エンちゃーん、カブ買わない??ボロいし、動かねーけど。 畑で採れたカブ!」

とある ワルい先輩の軽妙なトークにそそのかされ、

あっさりモノも見ずに購入。

半分 土に埋もれていたらしい そのカブ。

確かにボロ。あきらかにボロ。

これでも一応、ドロ・汚れを落とした後の状態。

とりあえず普通に乗れるように直して、欠損した部品は交換。

車体の錆・穴はそのまんま放置。

エンジンだけはちょっとだけ磨く。

唯一ホワイトリボンでお洒落だけはして、足として活躍中。

 

3年前。

「ENDくん、カブあるけど。どう? いらなきゃ捨てちゃうようなやつだけど・・・」

とある 尊敬している方からお声を掛けて頂き、

お誘い受けたからには有り難く購入。

早速、引き揚げてきて

ソ~っとArea-1 に持ってきて、こっそりコツコツ直してやろうと企みました。

駐輪場に隠してたのですが、あっさり Boss に見つかり、

「ゴミを持ってくるな!さっさと、どかせ!」と怒られました。

当然ですね。

これじゃ、ゴミと言われても仕方ないですね。

でも見捨てればゴミ!あきらめなければ資源です!

あとは実行あるのみ。

ちょうど Boss が2週間ほど USA出張 に出るので、チャンスです。

その間にしっかり(こっそり?)ゴミを資源に、

突貫で仕上げなければいけません。

作業は休憩や、仕事終わり。

寒い2月の夜空の元、 せっせとリサイクルです。

一応部品は揃っているのでオートバイの形に戻せそう。

使える部品は直してせっせと磨き、

(だいぶ間の工程飛んでますが) なんとなくちゃんとしそうな感じに。

ソレっぽく ガレージの中に引き込んで写真撮ってますが、

基本「お外」での作業です。

塗装とか、中でやったら大迷惑だし、養生や後始末も大変。

そんな時間はありません。

無謀とわかってても、真冬の夜中に屋外で、ハロゲンランプとお湯で温めながら缶スプレーで塗装。。。

ボロボロのシートは張替えに出して、

「” ホンダ ”とカタカナで描いてください!」と Wildmanに嘆願。

期待通りのフォントで仕上がりました。

マーベラス! んで、一気に話飛んで

各部動作確認!

欠品してたテールランプは’29-’31 Ford用を流用。

動くようになって、

完成。めでたし。

ちなみに車体の赤は、マツダのRX-7の赤。

実はまったくホンダに拘ってません。

雰囲気重視。何となく まとまればOK。

 

2年前。

深夜2時すぎ。突然ケータイが鳴り響く。

こんな夜中に何だろ?と、とりあえず電話に出ると・・・

「エンちゃーん、あのさぁ カブ売ってるけど・・」

USA出張中のMOON Garage の Mr. Goshu からでした。

どうやらBoss とL.A. Roadstar Show 視察中に

Swap Meet で偶然見つけたらしい。

「カブだったらアイツだろ!?」というハナシになったそうで、

で、わざわざ電話を掛けてきて下さったのです。

日本時間は草木も眠る丑三つ時に。

そして・・・

「なんか古いカブみたいヨ、でもエンジン焼き付いてて動かないって。 どうする???」

予想だにしない展開に、一応は ”迷ったふり” はしたものの、

口をついた返事は、 一言 「か、買います」。

電話を切った後、ちょっと高揚感に浸ったものの、

しかし冷静に考えると、

モノを見ることなく・しかも またまた不動車。

それもわざわざアメリカから。 何やってるんだろ?俺。

と、多少の焦燥感に襲われましたが、

エンジン一基余ってるから、ソレ載せればすぐ乗れるんだから・・ と、

すぐにポジティブ・シンキング。 それから1か月半ちょっと。

ハイ、はるばる海を渡ってやってきました。

人生初。アメリカから車両を買ったの。

「アメリカから・・」っていう憧れが実現しました。

ま、「カブ」だけど。

よりによって。

初めてご対面したら意外とキレイ。

でもイロイロなにか部品が流用されていたり、壊れてる部品も。

所詮、焼き付かせて壊れた車両ですからね。

地道に少しづつ分解・整備、修理していきます。

定番、いちいちネジが外れなくて苦労したり、

キャブレターに泣かされたり、いろいろ旧い機械にもて遊ばれました。

ウインカーが付いてなかったので、取り付けます

市街地走るならやっぱり無いとね。

せっかくの北米仕様なので、

車体自体は加工せずに、いつでも元に戻しやすく、

なるべく違和感があまりないように考えて付けました。

 

それぞれ既存のボルトに共締め、ステーは赤く・ボディー同色に。

なんだかんだ時間かかりましたが、

今は通勤の足にも使えるようになりました。

さて、こんな具合で長い事「カブ」」で遊んでいましたが、

決して「カブ」だけが好きなわけではありません。

廻りが そう思ってくださり、自然と何か話が集まってきただけです。

縁があっての話。

有難いことですけどね、声を掛けてくださるんだから。

永く乗ってるからでしょう。1号とは 18年か・・・

動かないモノを動くようにする楽しみはもう充分楽しみました。

ホントはイジるより、乗り回すのが好きなんです。

乗る為に仕方なくイジってるだけ。

直して乗ったから楽しかったのだけれど。

だから「カブあるよ」とかの話はもういいです。

あればあっさり話にのってしまうので。

Re: Cycle 、いや リサイクルにうつつ抜かしてる場合じゃないなと。

今年はコイツを少しお色直ししてあげようかと、ようやく決意。

長い事乗ってる割には、修理しては乗り回しての繰り返しだけだったので、

そろそろ時が来たのかなと。

ま、これからイロイロなイベントが続くから、

いったい いつやるか未定ですけどね!?

13th HOT ROD Razzle Dazzle 2月17日(日)

HOT ROD NITE 2月23日(土)

27th Annual Mooneyes Street Car Nationals 5月19日(日)

イベント続きますから、皆さんご予定に!

-END-

MOONEYES Area-1, MQQN Cafe Location
〒231-0804 神奈川県横浜市中区本牧宮原2-10

無料の Parking (駐車場) がございますので、
お気軽に Car & Motorcycle でお越しください。

MOONEYES Area-1
TEL 045-623-5959
●OPEN 10:00 ~ CLOSE 19:00 (月~日、祝日)
年中無休

MOON Cafe
TEL 045-623-3960

●OPEN 11:00 ~ CLOSE 20:30 (月~金 ※木除く)
ラストオーダー 20:00
●OPEN 10:30 ~ CLOSE 20:30 (土、日、祝日)

ラストオーダー 20:00
木曜 定休
(※木曜が祝日の場合は営業致します。)

Access Info